ご利用ガイド

<重要>通関手続きに関して

通関の手続きとは

通関とは、輸入・輸出を行う際に税関官署へ対し、貨物の種目・品名・価格・数量などに関しての申告をして、検査をしたあとに必要な場合には関税として税金を納め、輸出入の許可を得るという手続きのことです。輸出入の際には必ずこの通関手続きを行う必要があり、これを完了しない貨物は保税倉庫に保管されたまま引き取ることは出来ません。

関税が必要な場合には

通常、医薬品の個人輸入では殆どの場合が関税は不要でそのまま受け取ることが出来ますが、ごく稀にご本人負担による課税がかかる場合があります。数量や時期によって取引価格は変動しますが、原則としてそれぞれの時に応じた取引価格から課税価格が算出されます。合計額が1万円以上の場合で関税が必要とされる際には「国際郵便物課税通知書」が商品と一緒に届きますので、配達人へ課税額をお支払になることで商品を受け取ることができます。バッグや衣類などは課税されることが多く、医薬品の個人輸入では滅多に課税されませんが、目安としての課税額はおよそ700円前後となります。

差し押さえ対象について

個人輸入には数量にも制限があり、医薬品やサプリメントの場合は基本的に2ヵ月分以内(数量24個以内)とされており、これに反する場合は税関にて差し押さえ対象となります。また、パッケージの表示や商標、ホログラムシールなどから偽物と判別される商品は差し押さえ対象となります。注文される際の注意点としては、必ず「個人名・個人宅宛て」で記載してください。もし法人として購入されますと差し押さえ対象となる可能性があります。ED治療薬など「男性向け商品は男性名義」にて注文してください。もしも男性向け商品を女性名義で注文されますと税関で差し押さえを受ける場合があります。■輸入が禁止されている薬品
向精神薬(ただし抗うつ薬は該当しない)、麻薬、大麻、覚せい剤およびその原料、指定薬物、ワシントン条約により禁止される輸入品を含む医薬品および原料。これらはすべて日本への輸入が禁止されている物となりますので、当サイトでは一切取り扱っておりません。

ポイントについて

ポイントとは

当ショップではお客様の医療費への負担を軽減するため、大変お得な「お買い物ポイント」というサービスを実施しております。

商品をお買い上げごとにポイントが還元され、お客様の所持ポイントに加算されるようになっており、商品の購入時に1ポイント=1円としてお好きなタイミングで使用することができます。

無料会員

初回につき、無料会員登録をすることで 1000ptが付与されます。

処方箋は不要

処方箋は不要

当ショップでは処方せんが必要無いので、時間を気にせずにいつでも購入することができます。

ED薬のようなデリケートゾーンの医薬品を処方してもらうには診察等が必要です。そのため、人目などが気になってしまいます。しかし、当ショップを利用しますと人目を気にすることなく、スマートフォンやパソコンから治療薬を購入することができます。

薬事法について

改正薬事法に伴う一般用医薬品の販売について

2009年6月、改正薬事法の施行により一般用医薬品のうち第1類・第2類医薬品のインターネット販売(通信販売)を禁止する動きがありましたが、医薬品を扱うインターネット販売業者側と国側とを巡る一連の騒動において、2013年1月11日の裁判により一般用医薬品のインターネット販売は第1類・第2類医薬品を含めて法令に禁止されるものではないとの販売業者側の主張が認められました。

その後、国側の上告は棄却され、現在では販売が可能となりました。

また、日本オンラインドラッグ協会(JODA)では「一般用医薬品のインターネット販売に関するガイドライン」を掲示し、今後ともインターネットの医薬品販売における購入者の安全を確保する働きを積極的に行っていくことを宣言しています。

これに関しては日本オンラインドラッグ協会のホームページにて、薬事法改正法案に関する開示請求や、厚生労働省との会議内容などが詳しく記された資料を開示されておりますのでご確認ください。

医薬品の個人輸入・販売業について

「一般用医薬品」を巡る裁判と「医薬品の個人輸入」に関しては直接的な関係はございませんが、現在の日本における医薬品のインターネット販売に関しては何ら問題のない事であると主張いたします。

個人輸入の場合、海外の医薬品を日本へ輸入するという形になりますので、問題となるのは薬事法において違法性のある成分が含まれていないかという点です。

悪質な通信販売サイトでは違法性のある薬品の販売をしている場合があるかもしれませんが、当サイトにて扱っている医薬品には違法性のある商品は一切ございません。