SEXの相性が良い、悪いの違いは?

夫婦間では性格も合わなければなりませんが、SEXの相性も大切な理由は、相性が合わないと夫婦喧嘩が起こるためです。
しかしSEXの相性が良い、悪いの違いはどうってことありません。
お互いが良く合うと思えば合うし、合わないと思えば合わないもので、合わないと感じると葛藤が起こり始めます。
結論は特別な基準はなく、自分の感じる満足感だと言えます。

しかしSEXの相性が大切な理由は、相性が合わないと夫婦間の距離が遠くなってしまうからです。
やはり夫との営みに満足できないと、1日、2日は我慢できても、どんどん欲求不満が募っていきます。
そうすると夫は営みを行わないようになり、ストレスも感じ始めます。
当然このような状況が続くと、営みの回数は自然と減り、体が離れると心も離れてしまうのです。
またお互いの性的な欲求が合わないと、一方は疲れて、一方は不満が募り、このようなことから夫婦間で葛藤が生じることになります。

結論はSEXの相性が大切だと言う理由は、まさにこのようなことです。
相性が合わないと夫婦喧嘩が起き、喧嘩が頻繁に起きると家よりも外に目を向けるようになることから、浮気、そして離婚までいってしまいます。
もちろん相性が良くないからと離婚するという話ではありません。
ただ離婚する夫婦を見てみると、性格も合わなくて喧嘩を頻繁にし、そのため営みも行わなくなり、外でそのむなしさを埋めようとすることで体も心も離れ、結局離婚してしまうのです。
実際、経済的な問題や性格の差で離婚するといいますが、実際はSEXの相性が合わずに体も心も離れてしまったということです。

結局、性格にしてもSEXの相性にしても相性が良いのが重要です。
性格が良く合う夫婦でも、営みに満足できなければ喧嘩の火種になりえ、別々の部屋を使うようになり距離が遠くなってしまいます。
お互いの性的欲求も異なれば問題になり、性的嗜好も異なればどちらかがストレスを感じます。
結局相性が良いということは、お互い不満がないことです。
ただ快感で区分するより、お互い良いと感じれば相性が良いことになります。