夫婦の夜の相性

タイトルがちょっと? でも実際30代の主婦が浮気する理由に、現在の夫との夜の営みの相性に満足できなくて、浮気することが多いと言われています。
特に多くの妻は、オーガズムを経験したいと思っています。

インターネットを検索してみると、羽のような軽い気持ちになるとか、言葉では表現できないとオーガズムを感じた経験を話しています。
しかし実際、すべての女性がオーガズムを感じているわけではありません。
そこで30代の女性は「もしかして夫との夜の相性が合わなくて、感じられないのか?」という想いを持つようになり、好奇心から浮気することが意外と多いと言われています。
もちろん夫と夜の相性が合わないからと言って、すべての女性が浮気をするわけではありませんので、誤解はしないように…。

実際夫婦間の夜の営みが大切な理由は、単純に欲求を解消するだけの手段ではなく、それにより多くの葛藤を乗り越えられるためです。
実際離婚する夫婦の多数は、夫婦の営みを行っていないと言います。
ケンカし、会話をせず、それぞれ別の部屋を使っているので、離れてしまった感情は回復せず、家庭が破たんしてしまうのです。
それだけ夜の営みは、結婚生活を維持するのに重要だと言えます。
ただ夫が年上の夫婦が多いため、結婚後、体力が低下し、性欲が減退すると、妻の不満は膨れるしかありません。
男性は10代から性に関心を持ち、20代で高潮し、30代中盤から性欲が下がり、体力も低下し始めます。

しかし女性は20代で性に関心を持ち、30代中盤から45歳まで性欲が増加するので、夫との営みに不満が現れるのは当たり前のことかもしれません。
そのため年の差が大きい夫は若さを保つため、一生懸命運動をし、体に良い保養食を摂取する理由がまさにこのためではないでしょうか?
特に多くの男性が勃起力が低下し、営みを行う際に難しさを感じます。
やはり勃起力が低下すると妻を満足させるのは難しく、男としてのプライドが傷つくためです。
何か、もう老けたのか…という想いに駆られるのです。
勃起力が低下する理由は、心血関係疾患のためです。
運動不足、ストレス、過度の飲酒、喫煙などが勃起不全の症状を加速化させています。
そのため普段から有酸素運動を行い、禁酒、禁煙をするのが良いでしょう。

でも最後はバイニックス(VINIX)やセントリップ(SENTRIP)のようなED治療薬を活用することでしょうね。